夢を抱け北陸中で見つける夢、広がる未来。
在校生インタビュー
vol.14いろんなことに誠実に接し、
信用される大人を目指す。

雄島小学校出身

2年 矢部 宗輝

雄島小学校出身

2年 矢部 宗輝

PROFILE
雄島小学校出身。ロングホーム委員長として活躍中。サークル活動は、トータルスポーツ。

—北陸中学に入学された理由を教えてください。
中学3年生のときに語学研修でニュージーランドに行くのがいいなと思って入りました。オープンスクールにも行ったんですが、先輩たちがやさしくしてくれて、楽しそうだなって思いました。

—北陸中学の学びについて教えてください。
1番違いを感じるところは、授業が7限目まであって、土曜日も授業があるなど授業時間が多いことです。クラスも少人数制で先生が丁寧に教えてくれるので、僕は塾とかに行かなくても勉強についていけました。

—授業では、プレゼンやディスカッションが多いそうですね。
小学校とは全然違って、最初はちょっと恥ずかしいなって思ったけど、授業には割とスムーズに入っていけました。人前でしゃべるのがあまり好きじゃなく、プレゼンも最初は苦手でした。でも北陸中学はプレゼンや人前で発表する機会が多いので、しっかりしゃべれるようになりました。

—北陸中学の英語の授業はどうですか。
英語は外国人の先生も授業を担当してくれているので、本格的な英語が学習できると思います。先生はほとんど英語で教えてくれるので、わからないことがあると頑張って英語で質問しています。小学生のときは英語が全然できなくて苦手だったけど、中学生になってからはおもしろいなと感じています。

—ニュージーランド語学研修に向けて取り組んでいることはありますか。
英語の本がたくさん読めるiPadのアプリで、自分に合ったレベルの本を選んで学習しています。難しいけど、英語の音声を聞いたり、わからない単語をiPadで調べて覚えたりしています。ニュージーランドでは、ホームステイ先の家族にできるだけ自分から声をかけて、英語をしゃべるようにしたいです。

—ロングホーム委員長を務めているそうですね。
ロングホームの委員長は人前に出ることが多く、たくさんの人の前で話をすると、プレゼンがもっとうまくなると思って立候補しました。
ロングホーム委員会は、週1回のロングホームの企画を考え、運営します。クラスや学年の交流が深まるような企画をするのがなかなか難しいです。でも、その企画がうまくいってみんなが楽しんでくれたときはよかったなあと思います。

—クラスの雰囲気について教えてください。
めちゃくちゃ明るくて元気なクラスで、男子と女子の垣根もなく、ケンカも全然ないです。休み時間は、ずっとみんなで遊んだり、いろんな話をしたりしています。入学したとき同じ小学校出身の友達は1人もいなかったんですけど、みんなとすぐ仲良くなれて毎日楽しいです。

—先生との関係はどうですか。
先生はやさしくて、しゃべりやすいです。授業でわからなかったこととか質問すると、すぐ答えてくれます。たまに、担任の先生と雑談をすることもあります。

—トータルスポーツの活動について教えてください。
トータルスポーツでは、バスケやドッチボールなどスポーツを楽しんでいます。1番人気のサークルで、先輩とか後輩とか関係なく、みんなごちゃまぜにチームを組んで試合をすることもあります。

—これまでの学校生活で印象的だったことはなんですか。
北紫祭です。高校生と一緒にやるので、すごく盛り上がるし楽しいです。1年生の文化祭では、北陸高校の体育館でやっているライブをみんなで見に行ったり、出店に寄ったりして楽しかったです。中学生と高校生が競い合う体育祭では、中学生が障害物競走みたいなので1位を取って超盛り上がりました。

—どんな大人になりたいか、将来の夢を教えてください。
日頃から友達や家族に誠実に接して、いろんなところで信用される大人になりたいです。夢はまだ決まってないけれど、英語を話せると仕事の幅も広がるんじゃないかと思っています。

—最後に、未来の後輩にアドバイスをお願いします。
小学校のときの友達があまりいなくて友達が増えにくいと思うかもしれないし、自分もそれが不安で悩んでいたんですけど、クラスのみんなも同じ条件だから、入ってみたらみんなたくさん話しかけてくれて、友達もめっちゃ増えています。友達関係は、全然気にしなくて大丈夫だと思います!

インタビュー一覧へ